COMPANY PROFILE

株式会社アノマリー 会社概要

会社名 株式会社アノマリー
本社 〒151-0051
渋谷区千駄ヶ谷1-13-3 カリスマヒルズレジデンス国立競技場前
Tel:03-6804-6919
Fax:03-6804-6920
設立 2004年 6月 3日
資本金 8,001,500円
役員 代表取締役社長 CEO 神田 勘太朗 (カリスマカンタロー)
専務取締役 CFO 石田 成吾
専務取締役 COO 池田 茂義
主要取引銀行 みずほ銀行中野支店・東京信用金庫中野坂上支店・東日本銀行東北沢支店

主要取引先

アディダスジャパン株式会社、株式会社アドヒップ、株式会社アメイズメント、株式会社アサツー ディ・ケイ、株式会社アイエヌジー、株式会社IMAGICA、株式会社エンドレス・コミュニケーションズ、エイベックス・プランニング&デベロップメント株式会社、エイベックス・エンタテインメント株式会社、有限会社エンターテイメントカンパニー、株式会社エクシング、株式会社カプコン、カシオ計算機株式会社、株式会社カシオコミュニケーションブレインズ、学校法人東放学園、株式会社クリエイティブマンプロダクション、株式会社クラウンジュエル、KDDI株式会社、株式会社コスモーダジャパン、株式会社サンリオ、株式会社ジンコーポレーション、株式会社小学館、株式会社志風音、The JV株式会社、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・モバイルコミュニケーションズ株式会社、ソニー・ミュージックパブリッシング株式会社、株式会社第一興商、株式会社チッタワークス、株式会社中京テレビ、株式会社ディーエスケイ、株式会社TBSテレビ、株式会社テレビ朝日、株式会社テレビ東京、株式会社電通、株式会社東急スポーツオアシス、株式会社東北新社、株式会社ドン・キホーテ、株式会社ナイキジャパン、日本コカ・コーラ株式会社、日本テレビ放送網株式会社、日本放送協会(NHK)、日本マクドナルドホールディングス株式会社、株式会社博報堂プロダクツ、パイオニア株式会社、ぴあ株式会社、株式会社フジテレビジョン、ブルーベル株式会社、株式会社マンダム、株式会社ムラサキスポーツ、株式会社ララ・プラン、株式会社ラネット、リットーミュージック株式会社、株式会社WOWOW
ほか多数

(あいうえお順)

沿革

2004年6月
有限会社アノマリー設立(東京都中野区)
2005年3月
DANCE@LIVE SOLOBATTLEを開催
2006年5月
DANCE@LIVE FINAL 2006を新木場STUDIO COASTにて開催
7月
DANCE@LIVE 2006-2007シーズン開幕
5月
DANCE@LIVE FINAL 2007を新木場STUDIO COASTにて2DAYS開催
有限会社アノマリーから株式会社アノマリーへ組織変更
7月
株式会社ナイキジャパンのDANCE@LIVEへのサポート開始(スポンサーシップ契約締結)。
12月
MASTERPIECE(現DANCE@PIECE)を中野ZEROホールにて開催
2008年4月
DANCE@LIVE FINAL2008を両国国技館にて開催。当時、ストリートダンス・イベントとしては最大動員数の6,000人を記録
7月
DANCE@LIVE 2008-2009シーズン開幕
8月
フリーペーパーDANCE@LIVE PRESS創刊
株式会社マンダム主催「ギャツビースタイリングコンテスト」プロデュース・イベント企画・運営
2009年3月
台湾にてDANCE@LIVEの国際大会初となるDANCE@LIVE TAIWANを開催
4月
両国国技館にて「DANCE@LIVE FINAL2009 群雄割拠」を開催

7月
「DANCE@LIVE 2009-2010 シーズン 英雄乱舞」開幕
8月
DANCE@LIVE TAIWAN FINAL2009を台北市孔子廟にて開催
株式会社マンダム主催「GATSBY STYLING DANCE CONTEST(2009-2010)」プロデュース・企画・運営
10月
テレビ東京系列にてストリートダンス番組「DANCE@TV」プロデュース(2013年10月まで放送)
2010年4月
「DANCE@TV」放送地域が拡大(東京のほか、大阪、福岡、札幌、名古屋)
両国国技館にて「DANCE@LIVE FINAL2010 英雄乱舞」を開催。約10,000人を動員
6月
「DANCE@LIVE 2010-2011 シーズン 竜闘虎舞」開幕

8月
株式会社マンダム主催「GATSBY STYLING DANCE CONTEST(2010-2011)」プロデュース・企画・運営
2011年1月
「DANCE@LIVE TAIWAN FINAL 2011」を台北市にて初開催
4月
両国国技館にて「DANCE@LIVE FINAL 2011 竜闘虎舞」を開催。震災の影響を受けながらも約9,000人観客を動員
7月
「DANCE@LIVE 2009-2010 シーズン 英雄乱舞」開幕
8月
「DANCE@HERO JAPAN」開催
2012年1月
「DANCE@LIVE」アジアシリーズとなる上海大会開催
Beat Buddy Boi ワンマンLIVE「BBB SHOCK LIVE(会場:代官山UNIT)」プロデュース・企画・運営

4月
「DANCE@LIVE SEASON7 FINAL」両国国技館にて開催。11,000人以上を動員
5月
Beat Buddy Boi ワンマンLIVE「BBB SHOCK LIVE 2(会場:渋谷O-EAST)」プロデュース・企画・運営
6月
TOKYU SPORTS OASISが業界初、ステージを併設したダンススタジオ「THE☆STAGE」を自由が丘と港北にオープン。カリスマカンタロープロデュース。
7月
a-nation musicweek(代々木第一体育館)にて「Xperia™ Flashmob」をプロデュース。
10月
Beat Buddy Boi ワンマンLIVE「BBB SHOCK LIVE TOUR 2012 」プロデュース・企画・運営。全国4カ所(関東・東北・中部・九州)にて開催し延べ2,200人以上を動員
11月
本社を東京都目黒区駒場へ移転

2013年3月
「GATSBY DANCE COMPETITION 5th」アジア決勝大会を渋谷O-EASTにて開催・プロデュース
4月
「DANCE@LIVE 2013 JAPAN FINAL」両国国技館にて開催。両国での開催は5年目となり、12,000人以上を動員
Beat Buddy Boiがストリートダンス業界初、ダンサー自らプロデュースのミュージックアルバム「STYRAGS」を5月27日発売決定

5月
「BBB SHOCK LIVE vol.4」渋谷AXにて開催。主催・企画・運営。ストリートダンサー単独公演初となる1,600人以上を動員。これまでの総動員数が5,100人を突破

6月
「DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON」開催。主催・企画・プロデュース・運営
「DANCE@LIVE WORLD CUP 2013」シンガポールのマリーナベイサンズにて開催。主催・企画・プロデュース・運営

2014年3月
「GATSBY DANCE COMPETITION 6th」アジア決勝大会を渋谷O-EASTにて開催・プロデュース

4月
「DANCE@LIVE 2015 JAPAN FINAL」両国国技館にて開催
6月
ダンスメディアサイトDews サービス開始

7月
DANCE@LIVE WORLD CUP2014 を台湾で開催。15 カ国が参加
9月
高校ダンス部ダンスコンテスト「HIGH SCHOOL DANCE CONTEST」主催
10月
ARKSTAR STUDIOが東北沢に移転
仮装とダンスをコラボレーションさせた「ROPPONGI HALLOWEEN」をプロデュース
「BBB SHOCK LIVE 2014 TOUR」主催・運営

2015年3月
「GATSBY DANCE COMPETITION 7th」アジア決勝大会を渋谷O-EASTにて開催・プロデュース
4月
「DANCE@LIVE 2015 JAPAN FINAL」両国国技館にて開催。DANCE@LIVEは10周年となり過去最大の盛り上がりとなる
5月
Beat Buddy Boi にラッパー・SHUN が加入し、5 月27 日にSME レコーズよりメジャーデビュー
11月
Beat Buddy BoiがMTV VMAJ 2015 NEXT BREAK ARTIST賞受賞
シンガポール セントーサ島「WAVEHOUSE」にてSUUPAA JAPANを開催
渋谷で行われる日本最大級のストリートダンスの祭典「Shibuya StreetDance Week」のダンスバトル部門のBattle Parkを企画・運営協力
2017年3月
本社を東京都渋谷区千駄ヶ谷へ移転

4月
DANCE ALIVE HERO’S 2017 両国国技館にて開催。過去最高の12,000人動員数を記録

アクセス

株式会社アノマリー

1-13-3 Sendagaya, Shibuya-ku, Tokyo, Japan
PHONE : +81 3 6804 6919
FAX : +81 3 6804 6920

株式会社 アノマリー
〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷1-13-3
PHONE : 03-6804-6919 (AM10:00~PM6:00)
FAX : 03-6804-6920