ABOUT ANOMALY

私たちはストリートダンスを軸とした最上のエンタテインメントを皆様にお届けいたします。

企業理念
『世界を賑やかにする』

私たち株式会社アノマリーが作るエンターテイメントサービスによって世界を笑顔に、賑やかにして行きたいと考えています。

経営理念
『ダンスで世界をつなぐ。ダンサーが世界を変える。』

私たちの創るエンターテイメントサービスの軸はダンスにあります。ダンスで出来た繫がりを世界に拡げ、ダンスを好きな人まで含めたダンサーみんなで世界を変えます。

alive1
alive2
alive4
alive5
1978622_1015303338534299_342249047353668129_n
10584013_1015308148533818_3551562048496746387_n
BBB
triqtaer
tokyofootworkzregstyle
back01

メッセージ

IT革命によって世界がボーダレスになり、つながり始めた中で言葉がいらない最強のコミュニケーションツールである『ダンス』は新世代のエンタメの中心になります。

我が社アノマリーが誕生した2004年の時には騒がれていなかったダンスマーケット。しかしながらその潜在力に目をつけまずは地盤固めをしてきました。

例えば音楽が、例えばサッカーが、例えばモータースポーツが、誕生した時それらは元々遊びであり、ビジネスマーケットとしては見られていませんでした。しかしそれをマーケットへと進化させ、なくてはならないものへと昇華させたのは『情熱』しかありえません。

ヒトは後世に何を残せるのか?僕はココが全てだと思っています。

戦後に生まれた僕たちの世代は、海外の文化の影響が根強く、そしてまた世界的な情勢を見てもアメリカの影響は絶大です。今の時代を創るテクノロジーの中心でもあり、ITサービスの世界的な起業もアメリカ企業が多いことは周知の事実です。アメリカは経済圏における文化的支配の影響力の大きさを十二分に熟知していると思います。

一方私たちがいる日本は、戦後最も成長した国であり経済大国にまでのし上がりました。潜在的な能力は計り知れません。しかしながら、現在はスピード感も含めて急速に発達してる今の世界情勢の流れに遅れを取っていると見ています。

日本は未だ世界で誇れるテクノロジー、思考、情熱に溢れており、それらを爆発させることが出来るのですがアイドリング状態が長く続いています。そしてこの状態は疲弊し長くは持ちません。

世界をダンスきっかけで周ったことで、沢山の人と会話する機会を得ました。

今までに見えてなかった日本の実態も感覚ではありますが見えてきました。

僕は日本人である事、そしてこの国で仕事ができプロダクトアウトを出来てる事に幸せと誇りを感じています。そのような中、日本の会社である株式会社アノマリーが世界で創れること、そして後世に残せるモノとは?

その答えが『ダンスマーケット』にあると確信をしています。

このダンスマーケットを中心にエンターテイメントビジネスを創り、更なるマーケット拡大を目指します。ダンスがあることによって世界が面白くなればいいと考えています。

株式会社アノマリー 代表取締役 カリスマカンタロー